読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっぴんぱらりのぷぅ

新しい事、楽しい事が大好きな管理人の記録ブログ。 ライターのお仕事をしています。

葱油餅の超有名店、永康街にある「天津葱抓餅」で変わり種の台湾バジル入り葱油餅を食べてみた

你好!かわせです♪

 

せっかくの一人台湾旅行なのにあまり天気がよろしくありません…

が、雨ニモマケズ、ガシガシ遊びに行って来ます。

 

さて、この日は朝から東門周辺に行って来ました。

 

東門といえば、小籠包の有名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の本店があったり、路地裏にはオシャレなカフェがあったり人気のスポット。

 

永康街のメイン通りには、ガイドブックに掲載されている、美味しいお店がいっぱい。

 

そして日本人もいっぱい!私も過去何度も訪れているスポットです。

 

その永康街のメイン通りにある「天津葱抓餅」は、葱油餅の有名店。

4travel.jp

 

 

いつも、大行列なので、並ぶのが大嫌いな私はいつもスルーしていました。

 

しかし、今回は朝10時、雨、平日という好条件?が幸いし、行列も少なかったので挑戦してみることに。

f:id:ishimine0039:20170522121722j:plain

 

待っている間に目の前にあった看板。

テイクアウトの葱抓以外にも、レストランで食べられる麺もあるようです。

f:id:ishimine0039:20170522122153j:plain

 

「の貴重な食材 の牛の助骨の牛 の筋肉は当 日現在暖 かい体の牛をぼったくって 毎日制限します」原文ママ

 

暖かい体の牛をぼったくって?!

 

歌舞伎町でもぼったくられるのは人間のオスだけだよ?

 

すごいな台湾。すごいな「天津葱抓餅」。期待も高まります。

 

 

メニューはこちら。日本語並記されているので安心です。

f:id:ishimine0039:20170522122838j:plain

 

今まで、別のお店で何度か葱油餅は食べたことがあるので、変わり種の

台湾バヅリ+卵をチョイス。

 

バヅリ=バジルのことだと思われますw

 

価格は35NT$、日本円で約130円くらい。

 

可愛い熊のエプロン姿のおばさまが、ヘラをカキンカキン鳴り響かせながら、葱油餅を作ってくれます。

f:id:ishimine0039:20170522122926j:plain

 

手際が良く、ベテラン感を感じる。

 

空気を含ませながら、フワッと作り上げているのがポイント。

 

 

紙の袋に入れてくれます。アツアツー! 

f:id:ishimine0039:20170522123037j:plain

 

溢れ出る台湾バヅリ!!

バジルソースとかじゃなくて、ちゃんと生のバヅリを使っているのがポイント!

f:id:ishimine0039:20170522123107j:plain

 

食感は、フワッサクッ、モチッ!好吃~!

生地はパイのように層になっています。

f:id:ishimine0039:20170522123120j:plain

 

今回、初めて台湾バジルを食べてみたのですが、私達が食べ慣れているイタリアンで使われるスイートバジルとは全くの別物!

 

少し苦みとクセがあって、今まで日本人には馴染みがない味です。

 

台湾に住んでいる方に聞いてみたら、台湾ではこっちのバジルの方がポピュラーで、家で栽培している人も多いそうです。

 

ちょっと変わった葱油餅や、台湾バジルが気になるという方はオススメです!

 

一人で平らげましたが、超お腹いっぱいになります・・・

 

誰かと一緒で、いろんなものを食べ歩きしたい場合は、2人で1つで充分かも。

 

近くには、マンゴーかき氷が有名な思慕昔や、芋系のかき氷が人気の芋頭大王があります。

f:id:ishimine0039:20170522123745j:plain

 

まさに食べ歩きの街。

行列覚悟ですが、やっぱり人気のお店は美味しい!

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

 

祝 桃園MRT(空港線)開通!桃園空港から台北駅までMRTに乗ってみた。気になる料金や時間は?

你好!かわせです♪

 

実は今、台湾で一人旅中です!

 

台湾は、年に一度は訪れる大好きな場所。今回も、思いっきり台湾を満喫するぞー!

 

さて、台湾の桃園空港に到着してから市内まで、今回初めて桃園MRT(空港線)に乗ってみました!

 

この桃園MRT、開通すると言われ、延期につぐ延期を重ね・・・

 

2017年3月2日にめでたく開通しました!!!

 

もーさー・・・あんた、どんだけ待たせるんだよ。待ち焦がれてたぜ。

 

 

開通するまでは、桃園空港から台北市内に出るには、バスかタクシー、新幹線の選択肢がありましたが・・・

 

バスは混むし、新幹線はタイミングが悪ければめちゃくちゃ待つし、タクシーは高いというデメリットがあったのです。

 

なので、この桃園MRT(空港線)は、台湾にとってかなり画期的なこと!

 

ほんと、良かった。おめでとう。

 

というわけで、桃園MRT(空港線の情報と感想をレポートします。

 

今回は、桃園空港第1ターミナルに到着しました。

看板の「桃園機場捷運」の矢印のとおり進んでいきます。

f:id:ishimine0039:20170515001633j:plain

f:id:ishimine0039:20170515001855j:plain

 

どんどん地下へもぐります。

f:id:ishimine0039:20170515002001j:plain

 

乗車券の券売機と改札が見えてきました。

台北駅までは160台湾ドル。日本円で約600円です。

バスだと125台湾ドル、日本円だと約470円なので、MRTの方が少しお高ようです。

f:id:ishimine0039:20170515002123j:plain

 

桃園MRT(空港線)のカラーは紫のようです。

f:id:ishimine0039:20170515003211j:plain

 

改札を通ると、さらに下にもぐります。

ちなみに、駅のホームのことを「月台」といいます。

f:id:ishimine0039:20170515004141j:plain

 

少し話は変わりますが、台湾のホームで飲食は絶対にNGです!

もし飲食が見つかった場合は、罰金を請求されることもあるので要注意です。

日本では、飲み物を飲んでいる人も多いので、うっかりには気を付けてくださいね。

 

ホームは、全面ホームドアになっています。

f:id:ishimine0039:20170515004648j:plain

 

車内の様子は、座席しか撮影できませんでしたが、めっちゃパーポーです。

f:id:ishimine0039:20170515005000j:plain

 

この色味の発想って、日本人にはない感性ですよね。

何かに似ている・・・・何かに・・・

 

フリーザ様だっ!!!!!!!!

f:id:ishimine0039:20170515005442j:plain

って、ほんとに似てませんか???

 

色が濃い紫の部分はお年寄りや、妊婦さんの優先席なのでご注意ください。

ちなみに台湾の方は、混んでいても優先席に座る方はあまり見かけません。

 

桃園MRT(空港線)のみならず、台湾のMRTの座席ってプラスチック製が多い。

※一部日本のような座席もあるらしい。

 

毎回『硬すぎる。もっと日本みたいにフワフワがいい』と思っていたんですけど、ふと気が付きました。

 

プラスチック製の座席って、もの凄く衛生的。

 

だって、汚れててもサッとふけばOK!

 

汚い話ですけど、汗だくの人が座ったり、酔っぱらって吐いたり、なかにはお漏らししちゃう人もいるわけで・・・

 

それを考えると、布って怖い。

 

それに、日本の電車って梅雨の時期とかビックリするほど臭い時がある。

 

あれは布が湿気を吸って、雑菌が繁殖しているせいだと思われます。

 

硬いけど、清潔な台湾の座席ってなかなか優れもの。

 

そんな事を思いながら、桃園空港から約40分で台北駅に到着しました。

 

帰りも台北駅から、桃園MRT(空港線)で空港へ向かう予定♪

 

では、台湾での時間を思いっきり楽しんできます。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

秩父で「わらじかつ丼」を食べるなら老舗の鹿の子がオススメ。お店の様子をメニュー、感想をレポート

どーも!かわせです♪

 

先日GWに秩父長瀞エリアに遊びに行き、天然氷を贅沢に使ったかき氷屋「阿佐美冷蔵」についてブログをアップしましたが・・・

www.kawaseazusa.club

 

今回は、帰りに立ち寄ったわらじかつ丼の名店「鹿の子」についてレポートします!

 

お店の情報はコチラ↓

retty.me

 

そもそも「わらじかつ丼」ってなんぞ?という方もいらっしゃると思うので、簡単に説明します。

 

「わらじかつ丼」は埼玉県秩父郡で愛されるB級グルメ!

 

大きなとんかつが2枚ドドーンと乗ったかつ丼で、一足の”わらじ”をイメージしてこの名前が付けられています。

 

 

普通のかつ丼のように、卵でとじられておらず、揚げたてのかつにタレがかかっていてアツアツ、サクサク食感が楽しめるのがポイント。

 

 

 

これは食べたい!!

というわけで、ググって見つけたのが秩父郡小鹿野町にある「鹿の子」。

 

 

今回は、グリが一緒だったので・・・

f:id:ishimine0039:20170510192632j:plain

 

事前にダメモトで電話でお願いしたところ、カバンに入れることを条件にワンコOKいただきました!!!!ありがとうございます!

 

※犬連れの方は、事前に電話相談してみてください。時間によっては入店不可の可能性もあります。

 

 

 

 

さぁ、張り切って入店!って・・・

ええええぇぇぇぇ?!

f:id:ishimine0039:20170510201659j:plain

 人っこ一人いねぇ。

しかも、昔の結婚式場みたいな椅子。(ほんとスイマセン・・・)

 

16:15くらいと微妙な時間だったせいかもしれません。

 

 

 

コイツも「大丈夫かよ?」って顔で様子を伺っています。

f:id:ishimine0039:20170510202506j:plain

 

 

いやいや、このお店元料亭で創業90年(多分そのくらいだと店主の方がおっしゃってました)の老舗なんだから!

 

 

 

メニューと価格はこんな感じ。

 

半足かつ丼(かつ1枚)・・・税込550円

わらじかつ丼(かつ2枚)・・・税込800円

山賊かつ丼(かつ3枚)・・・税込1100円

 

 

一番人気の「わらじかつ丼」をオーダーしました。

 

 蓋が閉まらない程のビッグかつ!!お味噌汁とお新香も付きます。

f:id:ishimine0039:20170510212111j:plain

 

 

 Open the 蓋!!

 でいやっっっっっっ!!!!!!!

f:id:ishimine0039:20170510212558j:plain

 

 

 美味しそう~~!と箸をつけようとしたら、店主が現れて正しい「わらじかつ丼」の食べ方を教えてくれました。

 

 

2枚のうち、1枚を裏返した蓋の上に乗せ酒のつまみとして食べて、もう1枚はかつ丼として食べるそうです。

f:id:ishimine0039:20170510212947j:plain

 

最初は2枚も食べれるか心配でしたが女性の私でも余裕で食べられましたw

 

ヒレの部分を使っているので、やわらかく、っこくなくてすっごく美味しかった。

 

ジューシーで肉質も良く、甘めのソースもかつとすごくマッチしていてかなり美味しい。

 

食べた後も、もたれないのも◎

 

ちなみに、地元の方もお持ち帰りでよく利用されるお店のようです。

 

 

秩父の「わらじかつ丼」のお店選びに迷ったら、鹿の子オススメですよ~~。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

丸亀製麺の「牛とろ玉うどん」を食べてきたよ!販売期間と感想をレポート

どーも!かわせです♪

 

皆さん、丸亀製麺の季節限定メニュー「牛とろ玉うどん」のCMはご覧になりましたか?


丸亀製麺「牛とろ玉/肉を食べネバ」篇

 

うどん屋のちゃきちゃき女将を演じる、壇れいさんが元気に牛とろ玉うどんをお客さんに提供するこのCM!

 

丸亀製麺の季節限定メニューのCMは、本当にすべて美味しそうでいつも絶対食べたくなっちゃいます・・・

 

昔の日本を”元気に再現している演出”がステキだなーといつも感心。

 

というわけで、早速牛とろ玉うどん食べに行ってきたのでレポします♪

 

でいやっ!!!!!!!!

天かすと唐辛子をプラスして、後乗せ用にネギを大量に別盛りしました。

f:id:ishimine0039:20170507225425j:plain

 

ここで、牛とろ玉うどんについてご紹介!

 

丸亀製麺HPによると、気になる販売期間は2017年4月25日(火)~6月上旬まで。

 

販売終了日の詳しい日程の記載はありませんでした・・・

 

気になる方は、5月中に食べておきましょう。

 

お値段はコチラ!

並(約260~280g):税込690円

大(約390~405g):税込790円

温と冷をチョイス可。

 

少しお高めな気もしますが、たっぷりの牛肉、とろろ、温泉卵が入っているので値段相応だと思われます。

 

そして、めっちゃ嬉しいポイントが!

 

オーダーが入ってから、牛肉を焼いて甘辛割り下を絡めてくれるんです!

 

めっちゃテンションあがります。なんてったって焼きたてですから。

 

「それ、壇れいがCMでやってたやつぅぅぅ!!!」

ってなりますw

 

焼きたてなので、急いで食べましょう♪

f:id:ishimine0039:20170507232850j:plain

 

やばー!めっちゃ旨い!!!!!!!

 

これ大好きな味。

 

甘辛の牛肉は柔らかくて、卵と絡めるとめちゃくちゃ濃厚で本当に美味しい。

 

とろろもマッチして、ズルーッといけちゃう。

 

勿論、麺もモチモチのつーるつるです。

 

スタミナたっぷり、めっちゃ元気になりそう!

 

ネギをプラスすると、爽やかな感じになってこれまた美味しい。

 

主人もこの表情であります!!

f:id:ishimine0039:20170508002153j:plain

 

鼻息荒く「んふはぁ、んふはぁ」言いながら食べていました。

 この人、美味しい時の鼻息がとんでもないんです。

 

甘辛のタレは、後半飽きてくるんですけど・・・

 

ショウガやワサビをプラスすると、スッキリとして違った味が楽しめてオススメ。

 

丸亀製麺の季節限定商品が出ると、CMにやられて普段うどんを食べない私でもつい試してしまうのですが・・・

 

これは今までで一番美味しかった(あくまで私の意見です。)

 

気になる方は、是非早めにお試しあれ!

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

 

 

 

 

 

秩父・長瀞エリアで人気のかき氷店「阿佐美冷蔵(金崎本店)」をレポートするよ

どーも!かわせです♪

 

GW真っ最中。混むと分かっていてもお出掛けしたーい!!

ということで、秩父長瀞エリアに日帰り旅行へ行ってきました。

 

このエリアを訪れたら絶対外せないのが、かき氷の名店

 

阿佐美冷蔵

 

であります!!

 

かき氷の職人さんと秩父の自然が、じっくりと育てた天然氷を使った超贅沢なかき氷を食べたい!!

 

どのくらい贅沢な氷かはコチラをチェック。

超ありがたーい氷なのです。

grutto-plus.com

 

 

これは食べたい!

というわけで、阿佐美冷蔵(金崎本店)へ行ってきました。

 

本当は、開店前の10時には到着予定でしたがGWで車がいっぱい!

10時20分くらいの到着になってしまいました。

 

開店から20分でかなりの行列・・・

この季節から夏にかけて、土日祝日は行列必須です!!

f:id:ishimine0039:20170507011029j:plain

 

暑さ対策のためか、ラムネも200円で販売されています。

f:id:ishimine0039:20170507011318j:plain

 

ここで、歴史ある阿佐美冷蔵についてご紹介。

 

この阿佐美冷蔵、なんと明治23年創業で約130年続く老舗中の老舗。

 

創業当初は天然氷を飲食店に卸していた蔵元だったそう。

 

昔ながらの蔵を利用して現在はかき氷屋さんとして営業されています。

趣を感じますねー。

 

f:id:ishimine0039:20170507005256j:plain

 

こんな可愛いカエルタワーもありました。

f:id:ishimine0039:20170507012053j:plain

 

それにしてもすごい人気。並んで並んで・・・

並びすぎて、真顔の主人。

ちなみに犬連れもOKで、何匹かの犬達も頑張って待っていました。

f:id:ishimine0039:20170507012222j:plain

※これ以上暑い時期に行くと、犬も人もバテてしまう可能性が高いので水分補給できるように備えておくことをオススメします。

 

そして待つこと1時間半!!

 

やっと、のれんと入口が見えてきました。

グリもお疲れの表情。 付き合ってくれてありがとう。

f:id:ishimine0039:20170507013546j:plain

f:id:ishimine0039:20170507013622j:plain

 

店内は和の雰囲気漂う緑がいっぱいの癒し空間。

f:id:ishimine0039:20170507024316j:plain

f:id:ishimine0039:20170507024249j:plain

 

シロップやグッズも販売しています。 

f:id:ishimine0039:20170507024615j:plain

 

メニューはこんなかんじ。待ち時間の間に注文を聞いておいてくれています。

f:id:ishimine0039:20170507022018j:plain

 

今回は、和素材トッピングの「あざみの和スペシャル」抹茶+きなこ+あずき 黒みつ付 1300円と、

f:id:ishimine0039:20170507023028j:plain

 

フルーティー&ミルキーな「ミルクスペシャル」苺ミルク+メロンミルク+キャラメルミルク 1300円をオーダーして2人でシェア。

f:id:ishimine0039:20170507023009j:plain

 

さらっと軽やかな氷が、1時間半の待ち時間の疲れを癒してくれます。

 

すーっと爽やかで、シロップもどれも全部美味しい~~。

 

自分でシロップをかけながら食べるスタイルだから、いろいろなシロップを試せるのが嬉しい!!

f:id:ishimine0039:20170507023519j:plain

 

氷もこんもりあるので、いっぱい試せちゃいます。

 

グリも欲しそうなのでちょっとおすそ分け。2人と1匹大満足。

f:id:ishimine0039:20170507023801j:plain

f:id:ishimine0039:20170507023816j:plain

 

しかし今度は平日に行って、並ばずに入りたい・・・

 

ごめんなさい、ほんと正直に勇気を出して言うと

30分以上待つなら、並ばなくていいかも。

 

 

ちなみに専用駐車場は、すぐいっぱいになってしまいます。

 

近隣の商魂たくましいおじさんが500円で駐車場に案内してくれるので、そちらを利用しましたw

 

興味がある方は、行列覚悟で行ってみてください。

 

そして最後に・・・

 

今回は阿佐美冷蔵(金崎本店)をご紹介しましたが、実は近くに登山道店もあってそっちのほうが空いているそうです。

※犬連れは本店のみOKとの噂。ちゃんと確認していませんので、気になる方はお問合せください。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

 

 

サントリーの新商品”透明なレモンティー”を飲んでみた。気になるカロリーや価格もチェック!

 どーも!かわせです♪

 

先日、Suchmosのツアー「TOUR THE KIDS」追加公演最終日に行ってきました。

 

しかも1人で!

 

初めての1人ライブで緊張しましたが、めちゃくちゃ楽しみすぎて・・・

 

ただいま絶賛腰痛中であります!

 

いてー!でも幸せ。

 

さて、CMも放映されて話題になっている

サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン

はもう飲みましたか??しかし長い名前だな。

 

この商品、見た目は透明で水みたいなのに、飲んだらレモンティーというちょっと不思議な飲み物。

 

以前発売された、透明なのにヨーグルトの味がするヨーグリーナのレモンティー版といったところでしょうか?

 

バン!!でいやっ!

見た目は、本当に透明でただの水みたい。

f:id:ishimine0039:20170428232952j:plain

f:id:ishimine0039:20170428233020j:plain

容器は柔らかく、べコべコしていてへこみやすいです。

 

容量は、普通のペットボトルより少し多めの550ml、価格は131円(税別)。

カロリーは100mlあたり21kcalなので、1本飲むと115.5kcal!

f:id:ishimine0039:20170429000056j:plain

 

あれ・・・・?思ったよりカロリー高くない?

と思って、某レモンティーを調べてみると100mlあたり28Kcal。

 

550mlだと154kcalなので、1本あたり38.5kcalの差。

 

普通のレモンティーよりは少しカロリー控えめという印象で、決してカロリー低めではなですね。

 

 

甘さ控えめのレモンティー風の水で、どっちかっていうとフレーバーウォーターという予想をしていましたが、実際の味は・・・・

 

 

めっちゃレモンティー!!!!!

 

これって、透明にした意味あるのかなってくらいのレモンティーw

 

若干すっきりめではありますが、フレーバーどころじゃなくて、凄くレモンティー。

 

 

パッケージには「清冽なサントリー天然水に、華やかな紅茶の香りと爽やかなレモンを閉じこめました」とありますが・・・・

f:id:ishimine0039:20170428233845j:plain

一緒に糖分も閉じ込めてるやないかい!!甘すぎるわっ。

※個人的な感想です。 

 

と私としては、少し残念だなという印象。

 

せっかく有機レモンを使っていることをアピールしているのに、甘さのせいでスッキリ感があまり感じられない。

 

ただ、私は普段ジュースを飲む習慣がないので甘く感じただけかも。

主人は美味しいと喜んでいたので、これは好き嫌いが分かれそうです。

 

最後に気になるのは・・・・ヨーグリーナもそうだけど

サントリーの透明にする技術!

 

一体どうやってるんだろう。透明にする意味ってなんだろうw

 

そして、今度は何を透明にするつもりなんだろう。

 

次の新商品が楽しみですw

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

 

伝統豆花って何?神田にある「東京豆花工房」で本場の豆花を食べてきたよ

どーも!かわせです♪

 

突然ですがワタクシ、マガジンハウス(特にBRUTUS)ファンであります!

先日発売された特別特集”最高のおやつ”はもう読みましたか??

BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ (マガジンハウスムック)

BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ (マガジンハウスムック)

 

 

大好きなおやつと、BRUTUSのコラボとか・・・

最高かよっ!!!

 

そのBRUTUSに掲載されていた台湾スイーツのお店

東京豆花工房

が気になって気になって・・・・

 

この間紹介した、コチラ↓の台湾スイーツ店「鮮芋仙」もすっごくオススメですが

kawaseazusa.hatenablog.com

 

東京豆花工房の”伝統豆花”という製法で作られた豆花を食べてみたかったので行ってきました。

 

最寄駅の御茶ノ水から歩いて7~8分くらい小川町駅淡路町駅からも歩けます)

有名なかんだやぶそば」の斜め向かいにあります。

※昼時に行くと「かんだやぶそば」は行列ができているのですぐ分かると思います。

 

この看板が目印です。優しいタッチのイラスト。

f:id:ishimine0039:20170424094648j:plain

 

お客さんがいたので、全体的なお店の様子は撮影できませんでしたがこじんまりとした可愛いお店。

 

テーブルが2つと、店先で食べられる長椅子が1つ。10名座れないくらいかな。

 

インテリアも”台湾らしさ”があってとっても可愛かったです。

台湾ランプの吊るし飾りに・・・

f:id:ishimine0039:20170424100303j:plain

 

台湾の万能炊飯器「台湾大同電鍋」もありました!可愛い~。

f:id:ishimine0039:20170424101541j:plain

ちなみに「可愛いね~」と言いながら、主人がフタをOPEN!

中に煮小豆が入っていたらしく、焦って閉めてましたw 

 

メニューはシンプルに2つ。

 

トッピングなしの原味豆花 ¥500(+税)

トッピングありの東京豆花 ¥650(+税)

※それぞれ、豆花にかけるシロップを熱・冷(氷入り)から選べます。

 

勿論トッピングありの東京豆花をチョイス!

 

 この日は少し寒かったので、熱と冷をオーダーして主人と2人でシェアしました。

 

トッピングは、白玉やピーナッツ、緑豆、小豆、ハトムギ、タピオカなど種類がいっぱい!!

 

迷っていると、店員さんから「全部乗せもできますよ」と教えてもらったので

全部乗せにしました。

 

上の写真が熱で、下の写真が冷。

キラキラのプルップルであります!!!!!

f:id:ishimine0039:20170424122957j:plain

f:id:ishimine0039:20170424123148j:plain

 

シロップは甘さ控えめで、スッキリ。

豆花は、しっかり大豆の味がしてツルツル、プルプルの食感。

 

トッピングは、いろいろな食感が楽しいです!

サクサク、モチモチ、ホクホク、モロモロ・・・

 

めちゃくちゃ美味しい~~♡好吃♡

 

これ、毎日食べても飽きない自信があります!

 

気になっていた伝統豆花というのは、豆乳をにがりなどで固める製法で、懐かしく優しい本場の味を再現していることのようです!

 

豆花に馴染みのない日本人でも、思わず

「懐かしい!」

と言ってしまいそうな、優しい味。

 

ちなみに、お店にいた店員さんは多分台湾の方で、凄く親切でしたよ。

 

お店のHPはコチラ↓

www.tokyomamehana.com

 

気になる方は是非!オススメのお店です。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。