とっぴんぱらりのぷぅ

新しい事、楽しい事が大好きな管理人の記録ブログ。 ライターのお仕事をしています。

葱油餅の超有名店、永康街にある「天津葱抓餅」で変わり種の台湾バジル入り葱油餅を食べてみた

你好!かわせです♪

 

せっかくの一人台湾旅行なのにあまり天気がよろしくありません…

が、雨ニモマケズ、ガシガシ遊びに行って来ます。

 

さて、この日は朝から東門周辺に行って来ました。

 

東門といえば、小籠包の有名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の本店があったり、路地裏にはオシャレなカフェがあったり人気のスポット。

 

永康街のメイン通りには、ガイドブックに掲載されている、美味しいお店がいっぱい。

 

そして日本人もいっぱい!私も過去何度も訪れているスポットです。

 

その永康街のメイン通りにある「天津葱抓餅」は、葱油餅の有名店。

4travel.jp

 

 

いつも、大行列なので、並ぶのが大嫌いな私はいつもスルーしていました。

 

しかし、今回は朝10時、雨、平日という好条件?が幸いし、行列も少なかったので挑戦してみることに。

f:id:ishimine0039:20170522121722j:plain

 

待っている間に目の前にあった看板。

テイクアウトの葱抓以外にも、レストランで食べられる麺もあるようです。

f:id:ishimine0039:20170522122153j:plain

 

「の貴重な食材 の牛の助骨の牛 の筋肉は当 日現在暖 かい体の牛をぼったくって 毎日制限します」原文ママ

 

暖かい体の牛をぼったくって?!

 

歌舞伎町でもぼったくられるのは人間のオスだけだよ?

 

すごいな台湾。すごいな「天津葱抓餅」。期待も高まります。

 

 

メニューはこちら。日本語並記されているので安心です。

f:id:ishimine0039:20170522122838j:plain

 

今まで、別のお店で何度か葱油餅は食べたことがあるので、変わり種の

台湾バヅリ+卵をチョイス。

 

バヅリ=バジルのことだと思われますw

 

価格は35NT$、日本円で約130円くらい。

 

可愛い熊のエプロン姿のおばさまが、ヘラをカキンカキン鳴り響かせながら、葱油餅を作ってくれます。

f:id:ishimine0039:20170522122926j:plain

 

手際が良く、ベテラン感を感じる。

 

空気を含ませながら、フワッと作り上げているのがポイント。

 

 

紙の袋に入れてくれます。アツアツー! 

f:id:ishimine0039:20170522123037j:plain

 

溢れ出る台湾バヅリ!!

バジルソースとかじゃなくて、ちゃんと生のバヅリを使っているのがポイント!

f:id:ishimine0039:20170522123107j:plain

 

食感は、フワッサクッ、モチッ!好吃~!

生地はパイのように層になっています。

f:id:ishimine0039:20170522123120j:plain

 

今回、初めて台湾バジルを食べてみたのですが、私達が食べ慣れているイタリアンで使われるスイートバジルとは全くの別物!

 

少し苦みとクセがあって、今まで日本人には馴染みがない味です。

 

台湾に住んでいる方に聞いてみたら、台湾ではこっちのバジルの方がポピュラーで、家で栽培している人も多いそうです。

 

ちょっと変わった葱油餅や、台湾バジルが気になるという方はオススメです!

 

一人で平らげましたが、超お腹いっぱいになります・・・

 

誰かと一緒で、いろんなものを食べ歩きしたい場合は、2人で1つで充分かも。

 

近くには、マンゴーかき氷が有名な思慕昔や、芋系のかき氷が人気の芋頭大王があります。

f:id:ishimine0039:20170522123745j:plain

 

まさに食べ歩きの街。

行列覚悟ですが、やっぱり人気のお店は美味しい!

 

とっぴんぱらりのぷぅ。