とっぴんぱらりのぷぅ

新しい事、楽しい事が大好きな管理人の記録ブログ。 ライターのお仕事をしています。

祝 桃園MRT(空港線)開通!桃園空港から台北駅までMRTに乗ってみた。気になる料金や時間は?

 

你好!かわせです♪

 

実は今、台湾で一人旅中です!

 

台湾は、年に一度は訪れる大好きな場所。今回も、思いっきり台湾を満喫するぞー!

 

さて、台湾の桃園空港に到着してから市内まで、今回初めて桃園MRT(空港線)に乗ってみました!

 

この桃園MRT、開通すると言われ、延期につぐ延期を重ね・・・

 

2017年3月2日にめでたく開通しました!!!

 

もーさー・・・あんた、どんだけ待たせるんだよ。待ち焦がれてたぜ。

 

 

開通するまでは、桃園空港から台北市内に出るには、バスかタクシー、新幹線の選択肢がありましたが・・・

 

バスは混むし、新幹線はタイミングが悪ければめちゃくちゃ待つし、タクシーは高いというデメリットがあったのです。

 

なので、この桃園MRT(空港線)は、台湾にとってかなり画期的なこと!

 

ほんと、良かった。おめでとう。

 

というわけで、桃園MRT(空港線の情報と感想をレポートします。

 

今回は、桃園空港第1ターミナルに到着しました。

看板の「桃園機場捷運」の矢印のとおり進んでいきます。

f:id:ishimine0039:20170515001633j:plain

f:id:ishimine0039:20170515001855j:plain

 

どんどん地下へもぐります。

f:id:ishimine0039:20170515002001j:plain

 

乗車券の券売機と改札が見えてきました。

台北駅までは160台湾ドル。日本円で約600円です。

バスだと125台湾ドル、日本円だと約470円なので、MRTの方が少しお高ようです。

f:id:ishimine0039:20170515002123j:plain

 

桃園MRT(空港線)のカラーは紫のようです。

f:id:ishimine0039:20170515003211j:plain

 

改札を通ると、さらに下にもぐります。

ちなみに、駅のホームのことを「月台」といいます。

f:id:ishimine0039:20170515004141j:plain

 

少し話は変わりますが、台湾のホームで飲食は絶対にNGです!

もし飲食が見つかった場合は、罰金を請求されることもあるので要注意です。

日本では、飲み物を飲んでいる人も多いので、うっかりには気を付けてくださいね。

 

ホームは、全面ホームドアになっています。

f:id:ishimine0039:20170515004648j:plain

 

車内の様子は、座席しか撮影できませんでしたが、めっちゃパーポーです。

f:id:ishimine0039:20170515005000j:plain

 

この色味の発想って、日本人にはない感性ですよね。

何かに似ている・・・・何かに・・・

 

フリーザ様だっ!!!!!!!!

f:id:ishimine0039:20170515005442j:plain

って、ほんとに似てませんか???

 

色が濃い紫の部分はお年寄りや、妊婦さんの優先席なのでご注意ください。

ちなみに台湾の方は、混んでいても優先席に座る方はあまり見かけません。

 

桃園MRT(空港線)のみならず、台湾のMRTの座席ってプラスチック製が多い。

※一部日本のような座席もあるらしい。

 

毎回『硬すぎる。もっと日本みたいにフワフワがいい』と思っていたんですけど、ふと気が付きました。

 

プラスチック製の座席って、もの凄く衛生的。

 

だって、汚れててもサッとふけばOK!

 

汚い話ですけど、汗だくの人が座ったり、酔っぱらって吐いたり、なかにはお漏らししちゃう人もいるわけで・・・

 

それを考えると、布って怖い。

 

それに、日本の電車って梅雨の時期とかビックリするほど臭い時がある。

 

あれは布が湿気を吸って、雑菌が繁殖しているせいだと思われます。

 

硬いけど、清潔な台湾の座席ってなかなか優れもの。

 

そんな事を思いながら、桃園空港から約40分で台北駅に到着しました。

 

帰りも台北駅から、桃園MRT(空港線)で空港へ向かう予定♪

 

では、台湾での時間を思いっきり楽しんできます。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。