とっぴんぱらりのぷぅ

新しい事、楽しい事が大好きな管理人の記録ブログ。 ライターのお仕事をしています。

伝統豆花って何?神田にある「東京豆花工房」で本場の豆花を食べてきたよ

どーも!かわせです♪

 

突然ですがワタクシ、マガジンハウス(特にBRUTUS)ファンであります!

先日発売された特別特集”最高のおやつ”はもう読みましたか??

BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ (マガジンハウスムック)

BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ (マガジンハウスムック)

 

 

大好きなおやつと、BRUTUSのコラボとか・・・

最高かよっ!!!

 

そのBRUTUSに掲載されていた台湾スイーツのお店

東京豆花工房

が気になって気になって・・・・

 

この間紹介した、コチラ↓の台湾スイーツ店「鮮芋仙」もすっごくオススメですが

kawaseazusa.hatenablog.com

 

東京豆花工房の”伝統豆花”という製法で作られた豆花を食べてみたかったので行ってきました。

 

最寄駅の御茶ノ水から歩いて7~8分くらい小川町駅淡路町駅からも歩けます)

有名なかんだやぶそば」の斜め向かいにあります。

※昼時に行くと「かんだやぶそば」は行列ができているのですぐ分かると思います。

 

この看板が目印です。優しいタッチのイラスト。

f:id:ishimine0039:20170424094648j:plain

 

お客さんがいたので、全体的なお店の様子は撮影できませんでしたがこじんまりとした可愛いお店。

 

テーブルが2つと、店先で食べられる長椅子が1つ。10名座れないくらいかな。

 

インテリアも”台湾らしさ”があってとっても可愛かったです。

台湾ランプの吊るし飾りに・・・

f:id:ishimine0039:20170424100303j:plain

 

台湾の万能炊飯器「台湾大同電鍋」もありました!可愛い~。

f:id:ishimine0039:20170424101541j:plain

ちなみに「可愛いね~」と言いながら、主人がフタをOPEN!

中に煮小豆が入っていたらしく、焦って閉めてましたw 

 

メニューはシンプルに2つ。

 

トッピングなしの原味豆花 ¥500(+税)

トッピングありの東京豆花 ¥650(+税)

※それぞれ、豆花にかけるシロップを熱・冷(氷入り)から選べます。

 

勿論トッピングありの東京豆花をチョイス!

 

 この日は少し寒かったので、熱と冷をオーダーして主人と2人でシェアしました。

 

トッピングは、白玉やピーナッツ、緑豆、小豆、ハトムギ、タピオカなど種類がいっぱい!!

 

迷っていると、店員さんから「全部乗せもできますよ」と教えてもらったので

全部乗せにしました。

 

上の写真が熱で、下の写真が冷。

キラキラのプルップルであります!!!!!

f:id:ishimine0039:20170424122957j:plain

f:id:ishimine0039:20170424123148j:plain

 

シロップは甘さ控えめで、スッキリ。

豆花は、しっかり大豆の味がしてツルツル、プルプルの食感。

 

トッピングは、いろいろな食感が楽しいです!

サクサク、モチモチ、ホクホク、モロモロ・・・

 

めちゃくちゃ美味しい~~♡好吃♡

 

これ、毎日食べても飽きない自信があります!

 

気になっていた伝統豆花というのは、豆乳をにがりなどで固める製法で、懐かしく優しい本場の味を再現していることのようです!

 

豆花に馴染みのない日本人でも、思わず

「懐かしい!」

と言ってしまいそうな、優しい味。

 

ちなみに、お店にいた店員さんは多分台湾の方で、凄く親切でしたよ。

 

お店のHPはコチラ↓

www.tokyomamehana.com

 

気になる方は是非!オススメのお店です。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。